1. TOP
  2. パソコン
  3. ノートパソコンの中古は安いだけで選んじゃ駄目!同じ選ぶなら高性能なモデルを選ぶべし

ノートパソコンの中古は安いだけで選んじゃ駄目!同じ選ぶなら高性能なモデルを選ぶべし

ノートパソコンは新品で買うと
4万円~10万円以上もします。

ノートパソコンの中古となると
9千円から数万円位の値段でも買うことが出来るのです。

 

ですが、パソコンというのは年々新商品が登場して
ガンガン型落ちモデルが登場しているのです。

そこで、狙うのが型落ちの中古ノートパソコンです。

 

今回は、ノートパソコンを値段だけで選んではいけない理由や
中古ノートパソコンの高性能モデルを選ぶ方法などを紹介していきます。

 

ノートパソコンの中古は安いだけで選んじゃ駄目!

パソコンは値段だけで選ぶと
本当に後悔してしまいます。

筆者も過去に何度も値段が安いからという理由だけで
ノートパソコンやディスクトップパソコンを買って
非常に後悔したことが何度もあるのです。

 

昔に買った激安パソコンの最低価格は
「500円」という破格の値段だったのです。

家に持ち帰りパソコンを起動させましたが
OSすらも立ち上がらず、画面は真っ黒でした。

電源すら入らないので
これはおかしいと思い販売元に電話をしました。

 

「いやお客さん、やすいというのは理由があるから安いんです!」

 

そのように、電話の向こうの店員は怒りながら言っていたのを
10年以上も前ですがはっきりと覚えています。

 

当たり前なんですが車といいパソコンといい
値段が安いということは何らかの問題があるということです。

なので、故障しているからと言っても
全く文句は言えないのです。

 

故障しているかどうかは店で電源を入れるべき!

故障しているかどうか不安な場合は
ノートパソコンなら電源をその場で入れて確認をします。

場合によってはインターネットに接続されていることもあるので
実際にネットを使ってみるのも良いでしょう。

 

もちろん、色々と試していると店員が近づいてきますが
その場合は、どういう対応をするのかも見ておきましょう。

最近は、余りいないですが店員が決めつけたものの言い方をしてきたうえに
喧嘩腰で話をしてきたら、その店で買わないほうが良いでしょう。

 

過去に、そういう店で怒り任せにパソコンを買ったのですが
散々な目にあいました。

なので、お客さんとしての対応をしてくれる店で
買ったほうが、あなたのためになります。

 

ぴよ助

そういえば、最近中古ノートパソコンは
電源が入っている場合が多いな。

やっぱり、中古という理由だけで
故障していると判断する人が多いから電源を入れているんだろうね。

 

ニャン太

電源が入っているパソコンでも
不都合が起きるケースも稀にあるんだよ。

たとえば、ファイルをダウンロードするときに
ダウンロードした状態でフリーズしまくる場合もあるよ。

最近は、楽天でも電子書籍を販売していて
それを有るツールで読むことが出来るんだけど
ツールの呼び出しで固まることが多かったというのもあった。

これは、1万円くらいの中古ノートパソコンで
実際に起きた故障事例だよ。

 

ぴよ助

有料のファイルがダウンロードされなかったり
ツールが起動せずに固まった状態になると買った本も読めない。

そうなると、大損してしまうって話だよね。

中古って怖いな・・・

 

中古ノートパソコンを選ぶときに確認すべき4つのポイント

中古ノートパソコンを選ぶときに
どうしても見ておきたいポイントがあります。

筆者が中古ノートパソコンを買うときに
絶対に見ているポイントを紹介していきます。

 

ポイント1:CPU

そもそも、「CPU」とはなにかといえば
簡単に言えば、パソコンの中核となる部分です。

人間で言えば「脳」の部分になります。

 

「CPU」はパソコンの中に収められている
いろいろな機能や装置を正常に作動させるための部分です。

「CPU」の性能が高いとデータの処理などが
かなり早くなるのでネットなどもサクサクと動作します。

 

ちなみに、CPUのサイズは高性能になると大きくなるので
ディスクトップパソコンにしか使用できないのです。

CPUのメーカーは「インテル」「AMD」です。

 

CPUの種類は多いですが今回はインテルの一部を
紹介していきます。

  • Core i3:コア2 スレッド4
  • Core i5:コア4 スレッド4
  • Core i7:コア4 スレッド8

上記の「Core i」の後の数字が
大きいほど性能が高くなります。

ポイント2:ストレージ

ノートパソコンには記憶装置が装備されますが
データを保存するストレージには「SSD」と「HDD」があります。

SSDとは「ソリッド・ステート・ドライブ」の略で
内部構造がフラッシュメモリと同じになっています。

 

なので、熱を持ちにくいというメリットが有り
しかも、データ処理がHDDよりも高いのです。

ノートパソコンの中古を探しているときに
SSD装着があれば検討しても良いかもしれません。

ポイント3:メモリ

ノートパソコンの中古を探す場合は「最大メモリ」が
どれくらいなのかも、知っていたほうが良いでしょう。

最初に4GBのメモリが取り付けられていても
最大が8GBの可能性もあります。

 

メモリはあとから取り付けても良いので
最大メモリの数値を調べてから買うのも良いですね。

調べ方は「パソコンの型式 最大メモリ」と検索すれば
どれくらいのメモリなのか知ることが出来ます。

 

「パソコンの型式 スペック」でも
最大メモリを知ることが出来るでしょう。

ポイント4:ディスプレイ

ノートパソコンには「グレア」と
「ノングレア」という種類のディスプレイがあります。

グレアは光沢液晶でパソコンをしていると
反射しやすく自分が映り込むこともあります。

 

鮮明な色を出すというメリットがありますが
部屋の明かりの反射で画面に映り込むのがうざく感じます。

ノングレアは非光沢なので
自分が映り込むことはありません。

 

ノートパソコンの中古でもグレアタイプのディスプレイが多く
見た目がきれいなので店頭に並んだときに見栄えが良くなるのです。

ただ、グレアのディスプレイの場合は画面を見続けていると
目が疲れやすくなるというデメリットがあります。

 

荒野行動などのバトルロワイヤルやビジネス用では
グレアタイプのディスプレイは不向きと言えます。

 

ぴよ助

ノートパソコンの中古は
故障が多いと聞くけど値段は関係ないのかな?

高性能なパソコンを選ぶほうが良いのは分かったけど
買ったあとの故障が怖いんだよね。

 

ニャン太

確かに、ノートパソコンの中古を買うときは
かなりの勇気が必要になるよね。

中古パソコンの不安は買ったあとに
電源入れて起動しても全く何も映らないことだよね。

ショップで電源を入れることが出来るなら
店内で試しに電源を入れるという方法もあるよ。

まあ、電源を入れて色々と操作していると
店員が近づいてくるけどね。

 

ぴよ助

店内でパソコンずっと触り続けても
店員が近づいてこないということもあるよね。

店員を呼びたいなら自ら呼んで
ノートパソコンを買ったほうが速いよ。

 

まとめ

中古ノートパソコンを買うときは
ギャンブルみたいな買い方は駄目です。

さらに、激安ノートパソコンを見つけても
うかつに買ってはいけません。

 

理由は、激安に慣ればなるほど
何も保証がないし返品もできない可能性もあるからです。

同じお金を出すなら保証があるパソコンを買って
返品ができる状態にしておいたほうが安心できますよ。

 

そして、ノートパソコンを買う場合は
パソコンの性能がどうなのかも見たほうが良いでしょう。

安くて高性能なパソコンを買ったほうが
ストレスを感じにくくなりますからね。

 


今回の記事で「意見」「感想」があれば
メールして気分をすっきりさせてください。

記事内容に関係ないメール内容や
悪意のあるメール内容はブログで紹介させていただきます。

記事に関しての意見はこちら→にゃん太にメールをする

\ SNSでシェアしよう! /

自適生活の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自適生活の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この人が書いた記事

  • 楽天で買ったゲーミングチェアがすごく快適!

  • 非モテ男が「彼女、お借りします」の8話を見て思ったこと

  • アニメ「彼女、お借りします」に登場するレンタル彼女は存在するのか?

  • アニメ宇崎ちゃんは遊びたい!を実際に見た感想

関連記事

  • ノートパソコンの寿命はいつ頃?10年落ちのモデルでも故障なく使えるの?

  • Vostro 15 3000(3581)レビュー!デル・ノートパソコンを買った感想

  • ゲーミングモニターの1msはすごいのか?MSI製Optix G24 Seriesを実際に買ってみた

  • パソコンのマウスが反応しないときの対処法はこれ!

  • 自作パソコンかパソコン組み立てキット選ぶならどっち?初心者でも組み立てはできる?

  • パソコンのメモリの性能はどこを見れば良い?買うときに便利な性能表示の見方