1. TOP
  2. パソコン
  3. 快適化方法
  4. Windows10のデスクトップにあるタスクバーにアプリを入れる方法

Windows10のデスクトップにあるタスクバーにアプリを入れる方法

よく使うアプリをタスクバーに入れてピン留めしておけば
毎回アプリに矢印を合わせて起動させる必要がありません。

それだけではなく、タスクバーにアプリのアイコンがあれば
他のアプリを立ち上げている場合でもすぐに
必要なアプリを立ち上げることができます。

 

今回は、デスクトップアイコンをタスクバーに入れる方法を
紹介していきます。

デスクトップアイコンをタスクバーに入れるには?

パソコンを起動させて、デスクトップ画面が表示されたら
アプリのアイコンに画面の矢印を合わせます。

そして、マウスの右ボタンを押しましょう。

そうすると、小さなメニューが表示されます。

メニューの中に「タスクバーにピン留めする(K)」を探し
マウスの左ボタンを押します。

 

そうすると、アプリアイコンがタスクバーに表示されるので
いつでもアプリを使用することができるようになります。

ドラッグ&ドロップでタスクバーにアプリアイコンを入れる方法

ドラッグ&ドロップでも、アプリをタスクバーに入れて
ピン留めすることができます。

ちなみに、ドラッグ&ドロップとは
デスクトップ上にあるファイルやアプリアイコンなどに矢印を合わせ
マウスの左ボタンを押したまま目的の場所に移動させる操作を言います。

 

デスクトップ画面でタスクバーに入れたいアプリに
画面の矢印を合わせます。

そして、マウスの左ボタンを押した状態で
タスクバーまで移動させます。

 

移動させるときは、マウスの左ボタンは押したまま
マウスを動かしましょう。

タスクバーに入れる方法は他にもある!

目的のファイルやアプリアイコンを
タスクバーに入れる方法は他にもあります。

たとえば、アプリを起動させた状態でタスクバーにある
ピン留めしたいアプリのアイコンに画面の矢印を合わせます。

 

そして、右ボタンを押しましょう。

そうすると、小さなメニューが表示されるので
「タスクバーにピン留めする」に矢印を合わせて
マウスの左ボタンを押しましょう。

 

そうした方法のほうが覚えやすいですし
とても簡単で操作的にややこしくないでしょう。

今回の内容は、動画でもやり方を紹介しているので
参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

よく使うアプリやフォルダは
タスクバーにピン留めしていたほうが良いでしょう。

なぜなら、タスクバーによく使うアプリなどをピン留めしていると
パソコンを起動させて、すぐにアプリも使用できるからです。

 

しかも、ほかのアプリを使用しているときに
いちいち小窓をしまってデスクトップのアプリをクリックするというのは
それだけでも、時間をロスしているといますし効率が悪いです。

タスクバーに必要なアプリをピン留めしていると
すぐに使用できるので本当に便利ですよ。

 

ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

 

この記事の評価を教えてください
  • 役だった (0)
  • まあまあ (0)
  • あまり参考にならなかった (0)
  • クソ (0)

今回の記事で「意見」「感想」があれば
メールして気分をすっきりさせてください。

記事内容に関係ないメール内容や
悪意のあるメール内容はブログで紹介させていただきます。

記事に関しての意見はこちら→にゃん太にメールをする

\ SNSでシェアしよう! /

記事のゴミ箱の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

記事のゴミ箱の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この人が書いた記事

  • WEBライターは時間を売っているのか?それとも記事の質を売っているのか?

  • 【ワールドトリガ】1番強い黒トリガーはどれ?種類についても

  • 先輩がうざい後輩の話のアニメ化が決定!

  • 他人が不幸になることを喜ぶのは良くない!他人の失敗を願うより自分を振り返れ!

関連記事

  • ネトゲに最適なグラフィックボードはどれ?失敗しないグラボの選び方

  • ゲーミングマウスと一般的なマウスの違いとは?実際に買ってみた感想

  • ゲーミングパソコンとは?失敗しない選び方

  • パソコンのメモリ4GBと8GB増設して何が変わる?

  • Windows10のスタートアップで自動起動するアプリを停止させる方法

  • パソコンのマウスが反応しないときの対処法はこれ!