1. TOP
  2. ゲーミングシリーズ
  3. ゲーミングキーボード黄軸の特徴!静音性は高い?

ゲーミングキーボード黄軸の特徴!静音性は高い?

筆者はゲーミングキーボードの銀軸を使ってきましたが
レイザー製のキーボード黄軸を買いました。

ゲーミングキーボードはゲームをプレイするのに必要ですが
筆者は、ゲーム以外でも使用しています。

筆者が買ったのは「BlackWidow V3 Tenkeyless JP Yellow Switch」という
日本語配列のレイザー製キーボード黄軸です。

本記事では、ゲーミングキーボード黄軸について
特徴などや静音性などを紹介していきます。

ゲーミングキーボード黄軸の特徴

ゲーミングキーボード黄軸は、レイザー製のキーボードしかないようです。

黄軸は一般的にある銀軸と同じような性能を持っているキーボードで
使用する中で、違和感などはほとんど感じられません。

 

ゲーミングキーボード黄軸の特徴は
ほぼ銀軸の特徴と似たような部分が多いですね。

キーボード青軸と比べると、音は静かに感じますし
軽いタッチで文字入力ができるのも特徴といえます。

それでは、ゲーミングキーボード黄軸の特徴を
一つ一つ紹介をしていきましょう。

ゲーミングキーボード黄軸の静音性は高い

ゲーミングキーボード黄軸の特徴は
静音性が高いです。

レイザー製キーボードには「緑軸」「黄軸」があり
緑軸と比べると黄軸のほうが静かな感じがします。

 

文字入力をするときは音が静かなので
夜も周囲を気にしないでタイピングができるのも特徴ですね。

ネットでの口コミを見ると・・・

「カチッと押した感じはあまりしません」

「ケーブルですが、布製ではなくビニール製の為、安っぽい」

 

という感じで、少し厳しい意見がありました。

筆者としては、タイピングをしても押した感じはしますし
素早い反応も気に入っているポイントの一つです。

ゲーミングキーボード黄軸は高速タイピングにも対応

ゲーミングキーボード黄軸は、高速タイピングにも対応していて
キーのストロークが浅く軽いタッチで入力信号が送られます。

これにより、高速入力が実現されるのです。

 

ゲーミングキーボード黄軸は
打鍵感が小さいのでタイピングをしている感覚は無いという人もいるかもしれません。

しかし、筆者は打鍵感が小さいと感じませんし
タイピングをしている感覚は十分にあります。

おそらく、ゲーミングキーボードを使う前に
どういうキーボードを使ってきたかによっても評価は変わるのかもしれません。

ゲーミングキーボード黄軸のメリットは
ストロークの短さや軽さにありますが
これが逆にデメリットにもなっています。

たとえば、タイピングに慣れていない人だと
ミスタイピングをしてしまう確率が高くなるのです。

理由としては、軽いタッチで入力されてしまうので
他の指がキーに接触してしまうだけで誤入力されやすくなるからです。

さらに、ゲーミングキーボードは複数のキーを
同時に押しても、それぞれのキーを認識するので慣れていないと
ミスタイプする可能性も高くなるのは仕方ないかもしれません。

 

FPSなどのように素早い動きを求めるようなゲームなら
ゲーミングキーボード黄軸は最適なキーボードになるでしょう。

文字入力の副業をしている場合であっても
ゲーミングキーボード黄軸はとても役立ちます。

素早い文字入力ができるなら
納品も普通より早めにできるでしょう。

ゲーミングキーボード黄軸は高速タイピングにも対応しているので
タイピングに慣れている人なら、かなり素早くタイピングできそうな気もします。

ゲーミングキーボード黄軸を使ったほうが良い人

ゲーミングキーボード黄軸はゲームをプレイする人だけではなく
パソコンで作業をしたり学習をしたりセミナーをする人も使用するのも良いでしょう。

確かに、瞬時に勝敗が決まるようなゲームをプレイしている場合は
ゲーミングキーボード黄軸のようなキーボードは心強い味方になります。

 

しかし、高速タイピングを必要としないゲームの場合は
あまり黄軸にこだわる必要もないでしょうね。

どのような人にたいしゲーミングキーボード黄軸は
おすすめできるのかといえば、以下の通りです。

・瞬時に勝敗が決まるゲームをしている人
・文字入力を主な仕事としている在宅ワーク

瞬時に勝敗が決まるゲームをプレイしている人

ゲーミングキーボード黄軸は、瞬時に勝敗が決まるようなゲームをプレイしている人にも
おすすめしたいです。

FPSのようなゲームの場合は、短いストロークで入力を認識してくれれば
素早い動きができるでしょう。

 

FPSは上手い人ほど、周囲に気を付けていて
相手よりも早く見つけて対処することで勝敗が決まります。

そのような、秒単位で状況が変化するゲームなら
キーボード黄軸は活躍しそうな感じがしますね。

ウェブライターを副業・本業にしている人

ゲーミングキーボード黄軸は
ウェブライターを副業・本業にしている人にも最適です。

ウェブライターの副業でも本業でも納品日というものがあり
納品日までに記事を作成し納品しないといけません。

 

本業の場合は、納品日を少しでも遅れてしまうと
信用がなくなりますし、仕事もなくなっていきます。

ウェブライターはスピードと丁寧な仕事が要求されるので
ゲーミングキーボード黄軸が最適だと思うのです。

なぜ、ゲーミングキーボード黄軸がおすすめなのかといえば
冒頭でも説明した通り、軽いタッチで入力できるし
キースイッチは短いストロークで入力を検知します。

短いストロークで反応するということは
それだけ早くタイピングができるということにつながるでしょう。

 

つまり、タッチタイピングができる人の場合は
高速タイピングがやりやすくなるので納品日までに
記事作成がやりやすくなるということになります。

ただ、タッチタイピングに慣れていない人にとっては
ミスタイピングが増えるだけという欠点もあるのです。

ゲーミングキーボードには「日本語配列」と「英語配列」がある!

ゲーミングキーボードには
「日本語配列」と「英語配列」があります。

筆者が買ったゲーミングキーボード黄軸も
例外ではありません。

 

これまで日本語配列のキーボードしか使ってこなかった人は
英語配列のキーボードをいきなり使おうとすると
かなり戸惑うことになるでしょう。

記号の位置や全角/半角キーがなくて
困ってしまう場合もあるかもしれません。

英語配列と日本語配列の違いは
英語配列に「¥」がないです。

しかし、バックスラッシュ(逆向きの/。Enterキーの上)のキーを押すと
「¥」が表示されます。

プログラミングをする人の場合は
英語配列のほうが使いやすいかもしれません。

しかし、文字入力をする人の場合は
日本語配列のほうが使いやすいかもしれませんね。

日本語配列と英語配列は若干の違いはあるのですが
慣れれば英語配列のほうが使いやすく感じる場合が多いようです。

 

ゲーミングキーボード黄軸は値段が高い?

キーボードとして見た場合は
送料・税込み「10,180円」であっても高いと思うかもしれません。

普通に5000円未満のキーボードを使ってきた人にとっては
1万円以上のキーボードは値段が高く感じるでしょう。

 

ゲーミングキーボードとして見た場合の1万円は
安いほうの部類になります。

8000円でもゲーミングキーボードは販売していますが
上を見れば、もっと高いキーボードはあるのでビックリです。

3000円以内で買うことができる中華製ゲーミングキーボードもありますが
数か月くらいでキースイッチの文字が消えてしまいます。

タッチタイピングをする人にとっては
あまり関係のない話かもしれません。

まとめ

筆者は、ゲーミングキーボード黄軸を使用していますが
ゲームをプレイしているときも使いにくく感じたことはありません。

確かに、ローストロークで文字入力も
早くできるので使いやすくも感じます。

 

しかし、慣れないとミスタイピングのほうが多くなり
余計に時間がかかるということもあるのです。

筆者の場合は、タイピングゲームで
ミスタイピングが少なくなるように練習をしました。

おかげで、今は以前よりもミスタイピングが少なくなりました。

ゲーミングキーボード黄軸でも音はなりますし
サイレントキーボードと比べると、うるさく感じるかもしれません。

音が気になるという場合は、サイレントキーボードのほうを
選んだほうが良いかもしれませんね。

ゲームも兼用で使用するなら
ゲーミングキーボード黄軸も検討してみてはいかがでしょうか。

この記事の評価を教えてください
  • 役だった (0)
  • まあまあ (0)
  • あまり参考にならなかった (0)
  • クソ (0)

今回の記事で「意見」「感想」があれば
メールして気分をすっきりさせてください。

記事内容に関係ないメール内容や
悪意のあるメール内容はブログで紹介させていただきます。

記事に関しての意見はこちら→にゃん太にメールをする

\ SNSでシェアしよう! /

記事のゴミ箱の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

記事のゴミ箱の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この人が書いた記事

  • ゲーミングマウスパッドの寿命は伸ばすことができる?マウスパッドの種類も紹介

  • ゲーミングキーボードの失敗しない軸選びの基準とは?種類や違いも紹介

  • Hp製ProBook430G6の評価!ライバルPCとも比較してみた

  • パソコンの最大メモリ容量を超えるとどうなる?最大メモリ容量の確認方法

関連記事

  • ゲーミングデスクはいらない?パソコンデスクとの違いも紹介

  • 【そこまでするか!】ゲーミングストローとは何?使い心地は

  • ゲーミングメガネとは何?ブルーライトカット率87%は本当?

  • ゲーミング座布団は本当におすすめ?メリット・デメリットや選び方も紹介

  • ゲーミング座椅子は疲れにくい?選び方のポイントなども紹介

  • ゲーミングメモリを買ってみた感想!普通のメモリとの違い